一力サンタの【ラジオdeエール】


2014年1月スタート。

【ラジオdeエール】は、
一力サンタの会キーカバー売上分の一部を活用し
「ふんばろう絆プロジェクト」の活動のひとつとしてお届けします。

東北の方々の心をサポートするボランティア仲間にエールを込めてお届けする…
60秒のショートメッセージ。
2014年1月、いよいよ発信はじめます。

沖縄から今の私にできることは、本当に小さなことなのですが
何か・誰かの小さな支えとなれたら幸せです。
試行錯誤しながら、60秒のもつ可能性を探していきます。
どうか、長い目で見守って頂けたら幸いです。

震災後一年は、ふんばろう東日本支援プロジェクト(当時)の
心のケア部門に参加していたものの、仕事の事情などから
現地に行って活動することはできませんでした。
まだまだ、心のケアの前に物理的なサポートが必要だった当時、
活発にサポートしているメンバーの姿を見ながら、
申し訳ない気持ちと自分の無力さを感じていました。

ひとまず、沖縄からできること…として
Twitterで「心がちょっと軽くなる」つぶやき発信を担当していました。
※ 現在は、ふんばろうの各活動やケアに関する情報発信が行われています。

冬物家電と一緒に配られたアンケートハガキが返送されてくる頃、
そこには、心の辛さや精神面のサポートへの希望が多くあり…
新たに「絆プロジェクト」というチームが立ち上がることとなりました。
沖縄にいて何もできずにいた私に、あるリーダーから声をかけて頂いたのが
「絆プロジェクト」に参加したきっかけ。
「機会があれば、ハガキ・手紙を見に来て下さい」…
ちょうど東京出張があったので、早稲田にうかがいました。
山になったハガキを一枚ずつ読みながら、
あまりの切実さに…涙も出ませんでした。

「何も知らない私には、泣く資格さえない」

そう思ったことを覚えています。

様々なチームから選抜されたメンバーが集まる「絆プロジェクト」は、
とても熱意・想いあふれる方々で、skypeミーティングもたびたび開かれ
そこでは、たくさんの現地の状況が報告されました。
心のサポートでも、ハガキをたよりに電話をかけてお話を聴くという
新しいサポートが始まっていましたが、私は、仕事の都合から
電話サポートは参加できず、メールを担当していました。

ところが、被災地は高齢の方々も多く
メールで連絡できる方はとても少なく、電話よりはメールでの相談に
馴染みが少ないようで、あまり出番はありませんでした。

このままだと、かえってみんなに申し訳ない…。

そう思い、チームを抜けることを考え始めた時、
電話サポートをしていたMさんとの話の中で、そのことをこぼしてしまいました。

「そんなこと言わないで。紀々ちゃんが、沖縄から時々メッセージくれるだけでもうれしいんだから!」

Mさんの言葉に、本当に力をもらいました。
「沖縄から時々メッセージを送る」だけでいいのなら、それよりはもう少し
何かできることがあるのでは…と気持ちを切り替え考えてみました。
レザークラフトをやっている母とも話し合い、始めることにしたのが
革のキーカバーづくりです。
私たちが現地に足を運べない分、この売上金を
せめて交通費や活動のために役立ててもらえたらと。
こうして「一人の小さな力を、百人分集めて“百人力”へ!」を合言葉に、
「一力サンタの会」は小さく始まりました。

「絆プロジェクト」にも参加されている「チームエース」の方々を通じて
☆ 東松島の野蒜駅、亀岡公民館、宮戸島の月浜へのイルミネーション
☆ <おだってばりぃで>の看板
を、お届けすることができました。





2013年の夏…私の東京出張をきっかけに、
東京で、ピアノのある小さな会場を借りて
絆メンバーの皆さんへ暑中お見舞いLIVEをお届けし、色んなお話をしました。
お会いするのは初めての方も何人かいて、とても有意義な時間でした。
「モノからココロへ」と、必要とされているサポートも変わってきている
ということを感じて帰って来ました。

この時に思い出したのが…5月のskypeミーティングのこと。
一力サンタの活動はじめ、私の色々な活動に関心を持って下さったリーダーが
「今回は、紀々さんの話を聞かせてもらおう!」とリクエスト下さったのがきっかけで
思いがけず、これまではほとんど出番のなかった私が、
中心になってお話する機会を頂いたのでした。

そのミーティングが好評で、
「こんな感じのラジオができたらいいのにね」という話がありました。
サポートする皆さんのサポートができたら…
ようやく私の現場で“できること”が近づいてきた予感があり、
「ラジオ」というキーワードで考え始め、ラジオの関係者にも
何か協力してもらえないか相談を始めました。

こうして、小さく実現することになったのが
【ラジオdeエール】の60秒のメッセージ発信です。

この発信を通じてお届けしたいことは、大きく2つ。

ひとつは…。
東北をサポートするボランティア仲間へのエール。

もうひとつは…
今でも、忘れていません。これからも、忘れません。…という気持ちです。



キーカバーをつくった人。
キーカバーを買ってくれた人。
キーカバーを広めてくれた人。
材料を提供してくれた人。
キーカバーの販売を担当してくれた人。
番組づくりに協力してくれた人。

そんなステキな“ 一 力 (いちりき)”を提供してくれた
多くのサンタ仲間の想いをのせて、心いっぱいお届けします。
オンエア後は、ポッドキャストでいつでも・どこからでも聞けます。

もし【ラジオdeエール】を聞いて「よかった!」と思って下さった方は、
是非、このメッセージを「広めるサンタ」になって下さい♪
また、小さな贈り物などの機会がありましたら、
キーカバーをご活用頂けたらありがたいです。

「モノからココロへ」
必要とされるサポートの形が変わってきた今、
少しでも、笑顔のチカラとなれたらと願っています。

あした…転機に、なぁれ!


テーマ曲「世界一たよりない応援歌」作&うた・ピアノ:紀々


・放送日・

週に1度「月曜日の朝8時」に、60秒のメッセージをお届け予定です。
スケジュールは、紀々のカレンダーでもお知らせします。
・放送局・

タイフーンfm(周波数:78.0 MHz

・ ポッドキャストは、こちらでどうぞ ・

・メイン“サンタ”・


紀 々(一力サンタの会・発起人)

今後、様々なサンタメンバーからのメッセージお届け予定です。

一力サンタの会の活動・番組のエピソードなどを綴っています。
◆・ 2015年4月5日より…こちら。 ・◇

◆・ その前は、こちら。 ・◇

☆・ キーカバーが買えるお店&サイト ・☆

・協力・
特定非営利活動法人 日本皮革技術協会
タイフーンfm


Copyright(c) 2014 紀々 All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com